病院からのご案内

嵯峨野病院での新型コロナウイルス感染状況について(第2報)

令和3年1月21日(木)に嵯峨野病院に勤務する理学療法士1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認された件で、行政の指導のもと、濃厚接触者を疑われる職員および入院患者様に加え、濃厚接触者には該当しない職員についても、PCR検査の実施と厳重な健康観察を続けてまいりましたが、令和3年1月25日、職員および入院患者様への感染は認められませんでした。
つきましては、令和3年1月28日(木)より、外来診察および入院の受け入れ、訪問リハビリおよび居宅療養管理指導を再開いたします。

この度は、多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げます。

今後も当院は院内外への感染拡大抑止と感染拡大防止を最優先に政府の方針や行動計画に基づき、迅速に対応方針を決定し、実施してまいります。何卒ご理解とご協力賜りますようお願い申し上げますとともにご報告いたします。

嵯峨野病院 院長 小松 建次

最近の記事

  1. 日本慢性期医療協会より、令和2年度(2020年度)の研修参加優秀施設として金賞をいただきました。
  2. 日本慢性期医療協会より、令和2年度(2020年度)の研修参加優秀施設として金賞をいただきました。
  3. 令和3年5月26日(水)に当院に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されて以降、京都市の...
  4.  令和3年5月26日(水)、当院に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。
  5. 京都南西病院では、令和3年5月24日(月)より、以下のとおり65歳以上の高齢者を対象とした新型コロ...
ページ上部へ戻る
高齢者の介護と医療