病院からのご案内

嵯峨野病院での新型コロナウイルス感染状況について(第1報)

令和3年1月21日(木)、嵯峨野病院に勤務する理学療法士1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
行政と連携し、当該職員の濃厚接触者およびその周辺職員についてPCR検査を実施したところ、現時点では他の陽性者は出ておりませんが、当面の間は外来診察と入院の受け入れを一時停止し、訪問リハビリおよび居宅療養管理指導も一時停止といたします。

皆様にはご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

嵯峨野病院 院長 小松 建次

最近の記事

  1. 日本慢性期医療協会より、令和2年度(2020年度)の研修参加優秀施設として金賞をいただきました。
  2. 日本慢性期医療協会より、令和2年度(2020年度)の研修参加優秀施設として金賞をいただきました。
  3. 令和3年5月26日(水)に当院に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されて以降、京都市の...
  4.  令和3年5月26日(水)、当院に勤務する職員1名の新型コロナウイルス感染が確認されました。
  5. 京都南西病院では、令和3年5月24日(月)より、以下のとおり65歳以上の高齢者を対象とした新型コロ...
ページ上部へ戻る
高齢者の介護と医療